いいことさがそ 〜小児がんママと応援隊のコミュニティー〜

カテゴリー

43d82cc22041.png

ママのたからもの No.001 畑野苺(仮名)さん


               ”小児がん”に関する情報発信・コミュニティーです。
    病気や困難があっても、笑顔生活の為、互いに支え合い    
   理解し合える社会との繋がりを目指し、応援隊を増やします。

*   *   *   *   *   *   *   *  

新コーナー「ママのたからもの」の記念すべき第一弾!

「ママのたからもの」では、小児がんのお子さんを持つご家族や、そんなご家族を支える方々の【たからものエピソード】をお届けします。

 

第一弾は、神経芽腫の会 共同代表として私のパートナーでもあります畑野苺(仮名)さんです。

 

 

親は信じることしかできない。でもそのことの言葉の重みを教えてくれます。

 

clip_image003

こそっと二人の姿を追うのが私の幸せ〝たからもの〟です。
この写真は約8年前、発病前。目を閉じると浮かぶ光景
「この光景を失いたくない」その一心でがんばれました。

 

【名  前】畑野 苺(仮名)

 

【お住まい】東京都在住

 

【お子様について】一人っ子、♀、13歳、神経芽腫

 

【職  業】フリーランサー

 

【ママのたからもの】何気ない日々の1コマ1コマが、途切れることなく回り続けていく、娘の人生のフィルム。

 

【あなたにとって”たからもの”とは何ですか?】「家族」

 

神経芽腫と告知され病状が悪くなり「命の危険があります」と言われた時、私が怖くて怖くて目も耳も心も閉じた時、主人の「俺たちが信じなくてどうする!何があっても信じるって気持ちに変わりはないだろ!この子は死なない、大丈夫!同じ方向をむいて進むんだ!」この言葉で私も「この子は大丈夫!」と信じきる勇気が持てました。

 

そしてこの言葉があったから、合併症、再発と…何度も突き落とされても、信じて進む勇気と笑顔を持ち続けていられるんだと思います。

 

clip_image006

そして、今もこうして二人の姿が私の目の前にある。私の「たからもの」です

 

【全国の病気を持つお子さんがいるママへのメッセージ】

辛い時には辛いと叫んで下さい。悲しい時には泣いて下さい。疲れた時には休んで下さい。そうすればまた笑顔になれる時が必ず来ます。

 

【フリー記述。夢や目標・活動など】

ブログ 「 iikaoegao 」http://ameblo.jp/u-ccici-a-haha/

アイキャッチ大<浦尻>

「2006年12月29日 娘は神経芽腫と診断されました。
あなたのがんばりもやさしさも、わがままも、ちゃんと覚えているからね。」

****************************************************************

♪ 今日もお読みいただき、ありがとうございました ♪

<いいことさがそ~小児がんママと応援隊のコミュニティー~>

Facebookページ https://www.facebook.com/iikotoouen

当ブログ更新情報をお届けします。
小児がんママたちを「いいね♪」で応援してくださると嬉しいです。

Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/iikotoouen/

非公開グループです。小児がん関係者の方<患児さん、ご家族・ナース・ドクター>はもちろん、その他の応援隊の方からも、ぜひご意見いただけたらと思っております。
※お友だちになっていただけてからのご参加をお願いしています。

こちらも合わせてお読みください


Facebookをフォローする