【ご紹介】書籍「ベイリー、大好き ~セラピードッグと小児病院の子どもたち~」 - いいことさがそ 〜小児がんママと応援隊のコミュニティー〜

いいことさがそ 〜小児がんママと応援隊のコミュニティー〜

カテゴリー

20111223_1088134_thumb.jpg

【ご紹介】書籍「ベイリー、大好き ~セラピードッグと小児病院の子どもたち~」


 

さて、ご紹介コーナーの第一回目は、大好きなベイリーの本です。

 

ベイリーは、タイラー基金(現:シャイン・オン!キッズ)さんによって行われている「シャイン・オン!ファシリティドッグ・プログラム」を通して、

静岡県立こども病院に毎日通うという任務を持った日本で初めての犬、ファシリティ・ドッグです。

 (※現在の活動拠点は異なります)

 

ファシリティ・ドッグとは、ストレスを抱えた人々に愛情と安らぎを与えるよう高度に訓練された犬です。ファシリティドッグの主な仕事は、知らない人に自分の体を触ってもらい、それを楽しんでもらうことです。特に子どもは動物を抱きしめることが大好きで、このスキンシップには子ども達のストレスを減らし元気づける効果があることが、研究により明らかにされています。

シャイン・オン!キッズ ファシリティ・ドッグプログラムより

 

現在は、2頭目のヨギも活躍しています。

 

そんなベイリーのお話が本になりました。(2011/11/11)

「ベイリー、大好き~セラピードッグと小児病院の子どもたち~」

です。

※Amazonに飛びます

20111223_1088134

 

ベイリーの活動こそが、私たち闘病した者たちにとっては希望であり、明るい未来を予感させる力になると強く感じました。こんなファシリティ・ドッグに、どこの病院でも出会えたら、患者のみならず、病院関係者も癒されるのではないかと思います。

 

本はルビもありますし、小学生でも難なく読んでもらえるはずです。読書感想文にもおすすめです。本を手にしていただくと、小児がんへの未来にお力添えいただけることになるやもしれません…?

 

一時、志村どうぶつえんとか鉄腕ダッシュでとりあげられたベイリー。ヨギとともに、これからの活躍を期待しています。もちろん、ハンドラ―(ファシリティ・ドッグのパートナーですね)や、このプログラムを支えるシャイン・オン!キッズさんの活動には注目し、応援していきたいと思います。

 

IMG_1948

私たち親子もベイリーに会えました♪(2012.2.4)

シャイン・オン!キッズさんの活動については、また今度♪

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
応援してくださる方はぜひ、Facebookページへ「いいね♪」をくださると嬉しいです♪この数が小児がんのママたちを応援する数になっていきますように…♪
⇓ ⇓ ⇓
いいことさがそ~小児がんママと応援隊のコミュニティー~

 Facebookページ https://www.facebook.com/iikotoouen

 Facebookグループhttps://www.facebook.com/groups/iikotoouen/

(非公開グループです。お友だちになっていただけてからのご参加をお願いしています。)

こちらも合わせてお読みください


Facebookをフォローする