いいことさがそ 〜小児がんママと応援隊のコミュニティー〜

カテゴリー

603786_457607614329382_93542431_n_thumb.jpg

笑顔生活「声をあげて笑うこと」


━ ◆◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━

小児がん親子の笑顔生活。800日でやったこと!!

NO.1   声をあげて笑うこと

━━━━━━━━━━━ 2013/05/19記 ━◆◇◆◇◆━

■なぜ?■

「笑うこと」を忘れずにいられます。 声を出すと、ちょっと楽しくなってきます。 お子さんは、笑顔のママをみて嬉しくなります。 ママが笑えば「じぶんは大丈夫なんだな」って思えます。

 

■どんな時?■

わが子のかわいい姿がみられたときなど、 無理をせず、自分の心に素直になって声をあげて笑いましょう。 心が楽しさを感じた時だけでかまいません。 そのときは、遠慮なく笑ってみてください。

 

■重要ポイント■

どんな境遇・場であっても、楽しいことは楽しいと感じる心が 重要です。声をあげられる場。ともに笑い合える仲間ができることも 重要な要素です。 そんな仲間に出会えますように♪

 

■気を付けること■

無理をする必要はありません。 でも決してこらえる必要もありません。 「病院は静かに!」は長期入院者は大目にみてもらいましょう。 生活の場でもあるのですから、心の動きに素直になって。 気持ちも少し前進して、明るくなれます。

 

告知直後の方はご無理と思います。また、同様に治療中の方や、同室のお子さんの体調の様子によっては、控えないといけないこともあるかもしれません。でも、案外子子どもたちは、体調が悪くても周りが楽しそうなら、救われるのではないですかね♪

 

■副作用は?■

「笑い」は、自分の心を明るくするだけでなく、 周囲の人にも楽しさが伝染します。 室内の明るい雰囲気は、子どもたちの緊張も解きます。 笑いは皆で共有しましょう。

603786_457607614329382_93542431_n

■メッセージ■

やはりまずは「笑い」。 また、現時点で苦しい状況の方は「到底笑えないよ。」 そう思われている方もいらっしゃるでしょう。 しかし、これは訓練です。 笑い(笑顔)は、あまり意識せずにいると忘れてしまうのです。 毎日鏡に向かって口角をあげて「今日も大丈夫!」 そう自分の笑顔に暗示をかけてあげてください。 がんばっているお子さんが一番欲しているのは ママの笑顔です。 ママの笑顔のために、お子さんは治療以上の 力を発揮してくれるはずです。

まずはスマイル。そして声をあげて笑うこと。 声をあげたら、心も共鳴して明るくなれます。 できるときには、少しずつ挑戦してみてくださいね。 けれど、決して無理だけはしないように・・・。

 

※ブログやFBノートに記載しているものを再掲しています。2013/05/19記

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

応援してくださる方はぜひ、Facebookページへ「いいね♪」をくださると嬉しいです♪この数が小児がんのママたちを応援する数になっていきますように…♪
⇓ ⇓ ⇓
いいことさがそ~小児がんママと応援隊のコミュニティー~

 Facebookページ https://www.facebook.com/iikotoouen

 Facebookグループhttps://www.facebook.com/groups/iikotoouen/

    (非公開グループです。お友だちになっていただけてからのご参加をお願いしています。)

こちらも合わせてお読みください


Facebookをフォローする