【関連団体等ご紹介】メイク・ア・ウィッシュさま - いいことさがそ 〜小児がんママと応援隊のコミュニティー〜

いいことさがそ 〜小児がんママと応援隊のコミュニティー〜

カテゴリー

1cb822a368c6776f184f797e3bbb1b8a_s.jpg

【関連団体等ご紹介】メイク・ア・ウィッシュさま


              ”小児がん”に関する情報発信・コミュニティーです。
    病気や困難があっても、笑顔生活の為、互いに支え合い    
   理解し合える社会との繋がりを目指し、応援隊を増やします。

*   *   *   *   *   *   *   *   

今日は、もうご存じの方も多いかと思いますが、メイク・ア・ウィッシュさんのご紹介です。

 

メイク・ア・ウィッシュさんは、3歳以上18歳未満の難病と闘う子どもたちの夢をかなえる お手伝いをしている国際的ボランティア団体で、日本では「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」として活動されています。

 

私たち親子の回りでも、メイク・ア・ウィッシュさんで夢を叶えてもらったお友だちがいます。好きな野球チームの選手と会えたり、ディズニーランドに行ったり…。

さまざまな子どもたちの夢を叶えてくれるところです。

 

1cb822a368c6776f184f797e3bbb1b8a_s

 

メイク・ア・ウィッシュは1980年にアメリカで発足しました。

アリゾナに住む、クリスという7歳の男の子は警察官になるのが夢でした。しかし白血病にかかり、学校に行くこともできなくなってしまいました。この少年の話を聞いたアリゾナ警察の警察官たちは、本物そっくりの制服とヘルメットとバッジを用意し、クリスを名誉警察官に任命することにしたのです。

 

小さな名誉警察官は規則に従って宣誓し、駐車違反の取締りもし、また、ヘリコプターに乗って空からの監視もさせてもらいました。ミニチュアのバイクもプレゼントされクリスは大喜びでした。

5日後、クリスは亡くなりました。警察では、名誉警察官のための葬儀を執り行いました。ほんの短い間でしたがクリスの夢はかなったのです。

クリスの夢の実現に関わった人々は、他にも、大きな夢を持ちながら、難病のため夢をかなえることができない子どもたちがいるに違いないと考えました。こうして設立されたのが、メイク・ア・ウィッシュ基金なのです。

 

メイク・ア・ウィッシュ(メイク・ア・ウィッシュのはじまり)サイトより

 

8945308eba9b139c9d64b96d3ed30784_s

 

1992年、Make-A-Wish Foundation® International の日本支部として誕生以来、一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは今年で20周年を迎えるそうです。長年にわたって難病と闘う子どもたちと向き合われてきた活動に、敬意を表して…。

****************************************************************

♪ 今日もお読みいただき、ありがとうございました ♪

<いいことさがそ~小児がんママと応援隊のコミュニティー~>

Facebookページ https://www.facebook.com/iikotoouen

当ブログ更新情報をお届けします。
小児がんママたちを「いいね♪」で応援してくださると嬉しいです。

Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/iikotoouen/

非公開グループです。小児がん関係者の方<患児さん、ご家族・ナース・ドクター>はもちろん、その他の応援隊の方からも、ぜひご意見いただけたらと思っております。
※お友だちになっていただけてからのご参加をお願いしています。

こちらも合わせてお読みください


Facebookをフォローする