いいことさがそ 〜小児がんママと応援隊のコミュニティー〜

カテゴリー

256x256_fit_one_bestfit.jpg

わが子を想う「坂道」


    ”小児がん”に関する情報発信・コミュニティーです。
    病気や困難があっても、笑顔生活の為、互いに支え合い    
   理解し合える社会との繋がりを目指し、応援隊を増やします。

*   *   *   *   *   *   *   *   

毎日坂を上っている。

結構な坂で、自転車を降りないと上れない。

また、坂はある程度の距離があり、一時の勢いだけでは上れない。

上り口も狭くて、人が交差しているとその時点で、「上れるかも?」という気持ちは薄れ、早めに降りてよっこらしょっと自転車を押す。

 

愛車の黄色い自転車は電動ではない。

後ろから、電動自転車が追い越していく。

年配の方も、軽くスイスイ上っていく。

赤ちゃんを乗せていてもスイスイ上っていく。

9cf3358f87130591cd98cc6e3bd55ae3_s

抜かしていく背中の向こうに、真っ青な空を見上げながら、のんびり自転車を押して歩いていく。

 

焦らない。

少し早く出たらいいんだ。

景色を見るゆとりがあると思えばいいんだ。

電動自転車で上った先が赤信号なら、追いつく時だってある。

いやいや、その時点で同時に青になりスタートしたなら、先を行けることだってある。

 

焦らない。焦らない。

ゆっくり自転車を押し、さて乗ろうとペダルに足をかけた時に、必ず見えるスカイツリー。

朝の光に、雲の合間に、凛として立つその姿をはっきりと見られるのは、そこで一息ついているから。駆け抜けてしまっていないから。

 

みんな目的地は違うのだし、到着時間も違う。

追い抜かされたとか、追い抜かしたとか、早い・遅い、できる・できない。上手・下手。得意、不得意。

そうして誰かと比べるのではなく、自分の目的地や到着時間に合っていればいいんだ。

焦らない。焦らない。

 

そういえば、立ちこぎで上り切るというスタイルもある。若者の多くはそうして上りきっている。

 

一度だけ、立ちこぎで上り切ったことがある。

 

はじめの強い決断と、いつにも増して力強くペダルを踏んだふんばりと勢い。最後は「諦めない!」と強い想いと根性により、ぜーはーいって上れたのは一度だけ。そうそう、その日はかごに荷物がなかった。

 

それはそれでやはり清々しかった。

 

きっとやろうとしたらできる。その時はくる。

 

でも、ちょっと自分のスタイルではない。だから、今も毎日自転車を押している。自分らしくいけばいい。人よりほんの少し早く家を出たらそれでいいのだから…

 

*****************************

 

わが子のペースは、同学年の子どもたちより勉強も運動もかなりのマイペースです。

 

体育測定のD判定や、返ってくる答案に肩を落としてしまうこともありますが、ゼロではない。ゼロではない中から、「できた」ことを探して声をかけるようにしています。(母の努力…)

 

そんな彼の人生を思うと不安もよぎりますが、毎朝この坂道を上りながら、きっとわが子にも「その時はくる」「自分らしくいければいい」そう思い直すのです。

 

256x256_fit_one_bestfit

あなたのペースであなたらしく運転していけますように。

****************************************************************

♪ 今日もお読みいただき、ありがとうございました ♪

<いいことさがそ~小児がんママと応援隊のコミュニティー~>

Facebookページ https://www.facebook.com/iikotoouen

当ブログ更新情報をお届けします。
小児がんママたちを「いいね♪」で応援してくださると嬉しいです。

Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/iikotoouen/

非公開グループです。小児がん関係者の方<患児さん、ご家族・ナース・ドクター>はもちろん、その他の応援隊の方からも、ぜひご意見いただけたらと思っております。
※お友だちになっていただけてからのご参加をお願いしています。

こちらも合わせてお読みください

20140729_183418.jpg 2014年08月31日 母と子の夏休みの宿題

Facebookをフォローする