いいことさがそ 〜小児がんママと応援隊のコミュニティー〜

カテゴリー

P1190505.jpg

わが子を病院に残してくるということ(通い看護)(闘病記:初発~①-7)


               ”小児がん”に関する情報発信・コミュニティーです。
    病気や困難があっても、笑顔生活の為、互いに支え合い    
   理解し合える社会との繋がりを目指し、応援隊を増やします。

*   *   *   *   *   *   *   *   

※この闘病記は過去の闘病記を引用修正して、5年以上時間が経過した現在のコメントを加筆したものです。

2008.01.13 Sunday 00:10

今日でわが子を病院に残してくるのは2日目。昨日は、寝かしつけたと思ってそぅ~っと出てきたら、入り口の窓で目があってしまい、私は動けなくなってしまいました。

何度も、明日来るねと繰り返す母の言葉が届いているのか、いないのか・・・。わが子は泣こうともせず、こちらをじっとみたまま動きませんでした。

今日は、きちんと話をしてきました。「明日またくるね。」1歳8ヶ月の子がそんな先のことを理解するはずもありませんが、なんとなく分かっているのでしょうか?

意を決して看護師の方にお願いして、部屋をでましたがその後、「ママ、ママ」と言っても、ひどく泣いたりはしていませんでした。現実には、昨夜は泣く気力もなかった。そして、今日も大泣きをする元気はなかった。のだとは思います。

 

苦しんでいる姿をみないだけでも救われます。今頃ちゃんと、眠れているかな?

P1190501

 

わが子がハイケア(ナースステーション近く)にいたとしても、通いをしていたのははじめの数日だけです。それ以降、再発含めて800日。わが子が術後でハイケアでお世話になっていて、寝泊りは病院でした。

 

今となっては感謝しています。もちろん、それはそれで窮屈な生活に苦痛もありましたが、心配しながら、後ろ髪をひかれながら帰るよりは、少しでもそばにいられたのは、私にとってはありがたかったです。

 

でもそれが可能なのは、乳幼児期まで。もし次に入院したら、通いか…。と、考えなくていいことを考えてみたりします。

 

やっぱり、※チャイルド・ケモ・ハウスのように、家族がそばにいながらにして治療ができたら、いうことありませんね。

 

チャイルド・ケモ・ハウスについての記事はこちら

P1190505

ベッド柵は必ず上げましょう。

 

****************************************************************

♪ 今日もお読みいただき、ありがとうございました ♪

<いいことさがそ~小児がんママと応援隊のコミュニティー~>

Facebookページ https://www.facebook.com/iikotoouen

当ブログ更新情報をお届けします。
小児がんママたちを「いいね♪」で応援してくださると嬉しいです。

Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/iikotoouen/

非公開グループです。小児がん関係者の方<患児さん、ご家族・ナース・ドクター>はもちろん、その他の応援隊の方からも、ぜひご意見いただけたらと思っております。
※お友だちになっていただけてからのご参加をお願いしています。

こちらも合わせてお読みください

20140729_183418.jpg 2014年08月31日 母と子の夏休みの宿題
256x256_fit_one_bestfit.jpg 2014年10月24日 わが子を想う「坂道」

Facebookをフォローする